おまとめローンの審査基準を知って融資を有効利用する

ローンには、様々な物があります。

 

ショッピングローンや住宅ローン、マイカーローンやカードローンなどお金を使う目的に応じて、金融機関や金融会社が用意しています。

 

おまとめローンは、他のローンとは性格が異なり、複数の業者から借りたお金をローン先に一括で融資をしてもらい、その支払った額を新たなローンとして返済をしていくというものです。

 

このローンを利用するメリットは、返済窓口を一本化出来るということです。

 

おまとめローンの審査基準は、カードローンやキャッシングなどと同じように、満20歳以上満70歳以下で一定の収入があり、確実に返済出来る能力があるという条件をクリアしていることです。

 

審査では、信用情報機関に問い合わせますので、この時に債務整理をしていたり、返済が遅延していたりしますと、審査に大きな影響を与える事になりますので注意が必要です。

 

審査基準は、申込者が抱える返済額の金額も関係があります。

 

消費者金融会社のカードローンをおまとめローンとして利用する場合、総量規制がありますので、全ての金額を賄えるだけの融資を受けられない可能性があります。

 

申込者は、自分の借入れ額を確認してから申し込みをした方が良いでしょう。

 

おまとめローンの審査基準をクリアする為には、現在どれだけの額の融資を受けているのか、返済能力があるのかという事を申込者が事前にクリアしておく必要があります。

 

おまとめローンはやはり勤続年数が重要ポイントと成り得るのか?

今や終身雇用制度は崩壊状況にありつつ、技能を持った技術者や営業業務経験者はより良い条件の企業へ再就職するケースがあります。

 

また、高校卒業後、直ぐに地元企業に就職したものの、職場環境に馴染めなかった場合やよりやり甲斐のある職業を見つけた際、転職をすることが多くなっています。

 

この点については、欧米では非常に多いケースではあるものの、日本では勤続年数が非常に重要視される状況は未だに変わりません。

 

その結果、おまとめローンの審査を行う場合、勤続年数だけで審査落ちする場合があり、転職経験者にとっては非常に気になる問題となっています。

 

そもそも、転職の理由はさまざまであり、心身への負荷が増大し満足ん就業および収入が得られなくなる可能性があることや給与の高い企業への転職が非常に多くなっています。

 

事実上は、安定した収入または増加が望めるものの、勤続年数だけで判断されることが少なからずあります。

 

特におまとめローンの場合、複数社の借入を一本化するため、支払期間が長期化する傾向にあり、転職を繰り返している場合は審査落ちする可能性があります。

 

この点については、未だに日本国内において終身雇用制または長期雇用といった概念が抜け切れていないと言えます。

 

もし、勤続年数でおまとめローンの審査が不通過となった際、最低6ヶ月経過した後に他の金融機関に審査申込をオススメします。

 

また、勤続年数が気になる方は、1年以上経過した後に審査を申込することがポイントとなります。

 

アイフルのかりかえMAXとおまとめMAX

  • 金利:12%〜17.5%(かりかえMAX)
  • 金利:12%〜15.0%(おまとめMAX)
  • 限度額:最大500万円
  • 借換え専用だから返済に集中できる
かりかえMAXはアイフルがはじめての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用。 アイフルの利用経験があればよりオトクなおまとめが可能です。

おまとめローン,審査基準 おまとめローンの審査基準を知って融資を有効利用する

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝えてください。 通常フリーローンスペック

  • 金利:4.5%〜18.0%
  • 限度額:最大500万円

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:最大300万円
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下
  • 借換え専用だから返済に集中できる
消費者金融業界のトップランナーであるアコムはしっかりおまとめ(借換え)専用ローンにも対応しています。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下になり、信頼性も抜群。

おまとめローン,審査基準 おまとめローンの審査基準を知って融資を有効利用する

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えてください。 通常フリーローンスペック

  • 金利:3.0%〜18.0%
  • 限度額:最大800万円

おまとめローンに審査に落ちる主な理由は2つある

おまとめローンの前提条件としておまとめローン以外のキャッシングやカードローンよりも審査に通りにくくなっています。
それは、おまとめローンのサービスを提供する金融機関側から考えてみればわかりますが、おまとめローンを申し込む人は多重債務者であり、融資金額も複数の借入をまとめるので多額になるというリスクがあるので審査に厳しくせざると得ないのです。

 

しかし、おまとめローンと言うサービスがある以上は審査に通る人もいるわけですから、おまとめローンの審査に落ちる理由は当然あります。
一つはどのようなキャッシングやカードローンの審査にも言えることですが、年収や勤務先などのいわゆる属性から判断された結果、申し込まれたおまとめローンの返済能力が不足していると判断された場合です。
金融機関の審査基準を満たさないということです。

 

もう一つは金融ブラックなどで審査が通らない場合です。
金融ブラックとはブラックリストに記載されているような3カ月以上の返済遅延や債務整理などの金融事故を起こしている場合や短期間にたくさんの金融機関の借入の申し込みを繰り返している申し込みブラックのなどがあります。

 

その他にもあまりにもたくさんの他社の借入件数がある場合も該当します。

 

おまとめローンの審査の落ちないための対策

もともとおまとめローンの審査は厳しくなっていますから、おまとめローンの審査に落ちる人がおまとめローンの審査に通るようにする対策は簡単ではありません。
というよりも対策はあるのですが、どの対策も実現が簡単ではないということなのです。

 

一つは返済能力が高いと判断される属性を上げることです。
例えば、年収が増えるようにするとか、アルバイトやパート労働であったのもを正社員になるとか、勤続年数を増やしていくとかが考えられます。その他にも返済能力にプラスの効果があることはやってみることです。

 

二つは信用情報が回復するのを待つことです。
ブラックリストでは情報の削除までは5年から10年かかりますが、申し込みブラックでは半年間申し込みをしないことで申し込みブラック状態を脱することができます。

 

三つはおまとめローンの審査に大きな影響を与える他社借入件数を減らす努力をすることです。
できれば、借入額の大きくない借入は完済してしまえばその分は他社借入件数が減ることになります。

 

どれも簡単にできる対策ではありませんが、おまとめローンを利用できれば大きなメリットがありますから、どの対策であっても努力してやってみる価値はあると言えます。