おまとめローンと保証会社との関係を知っておく

おまとめローンに関わらず、金融機関からお金を借りるのであれば、保証を確認しておくことが大切です。
特に銀行であれば、銀行ばかりでなく、保証会社が関係する商品があります。
その典型的なものが、おまとめローンになります。
したがって、保証会社の一覧をチェックしておくことは、大変重要なことです。

 

しかし、そもそも銀行と保証会社との関係とは、どういうものでしょうか?
端的に言えば、一般的に考えられている保証と同様な関係と言えます。
つまり、銀行が貸出をし、借り手が返済できなくなれば、保証会社が肩代わりをするというものです。
もちろん、保証会社から契約者本人への請求が行われますが、実質的には銀行から離れたところで行われます。

 

このため、特に銀行のおまとめローンが、勧められる理由でもあります。
さらに、保証会社には、消費者金融や信販会社などが名を連ねています。
銀行は、以前から融資を行っていますが、消費者金融や信販会社ほどの審査能力がなかったともいえます。
そのため、ノウハウなどを吸収でき、銀行自体が行うよりも、過去の蓄積から結果を出すまでスピードがあるため、銀行としても、喜ばしいことなのでしょう。

 

ただし、借り手としては、審査を二度受ける形になります。
銀行が完全に丸投げしているかと言えば、実態は明らかではありません。
少なくとも、二度の審査がある、と思っていた方が、借り手としては無難です。

 

保証会社の一覧を見ることで、商品選択の基準になる

とりわけ、銀行が提供しているおまとめローンには、消費者金融や信販会社が保証をしていることは、すでにお話しています。
それを一覧で見ることができれば、大いに役立ちます。
なぜなら、仮にどこかと金融事故を起こしていれば、そこへ申し込むことができない、と決められるからです。

 

銀行のおまとめローンの実質的な審査担当は、保証会社になります。
そこと金融事故を起こしていれば、過去に傷があるため、貸す側としても、進んで貸出はしたくないでしょう。
具体的な例を言えば、債務整理の対象であれば、ほとんど審査に通ることはありません。

 

あるいは、遅延を続けていた場合なども、同様です。
これは、保証会社が信用情報を必ず参照し、金融事故などをチェックするからです。
もちろん、他社借り入れの状況なども、把握します。

 

また、社内情報などを集めている保証会社もあり、そういうところであれば、さらに審査が厳しくなる場合もあります。
けれども、事故歴の記載期間は、約7年から10年です。
それを過ぎていれば、少なくとも、信用情報での事故歴を参照できなくなっています。

 

ちなみに、すでに契約している保証会社があれば、それを優先する選択もあります。
カードローンばかりでなく、クレジットカードも含みます。

 

理由は、すでに実績があり、信用度合いを把握してもらっているからです。
ただし、これも申込時の状況によって変わることは、言うまでもないでしょう。

 

アイフルのかりかえMAXとおまとめMAX

  • 金利:12%〜17.5%(かりかえMAX)
  • 金利:12%〜15.0%(おまとめMAX)
  • 限度額:最大500万円
  • 借換え専用だから返済に集中できる
かりかえMAXはアイフルがはじめての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用。 アイフルの利用経験があればよりオトクなおまとめが可能です。

ローン,まとめる おまとめローンの保証会社一覧を参照する意味

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝えてください。 通常フリーローンスペック

  • 金利:4.5%〜18.0%
  • 限度額:最大500万円

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:最大300万円
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下
  • 借換え専用だから返済に集中できる
消費者金融業界のトップランナーであるアコムはしっかりおまとめ(借換え)専用ローンにも対応しています。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下になり、信頼性も抜群。

ローン,まとめる おまとめローンの保証会社一覧を参照する意味

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えてください。 通常フリーローンスペック

  • 金利:3.0%〜18.0%
  • 限度額:最大800万円

実際のところ、おまとめローンは大きなメリットが無い事実。楽天銀行も同じ?

さて、おまとめローンにより複数社からの借入を一括化する方法が様々な銀行や消費者金融から提供されています。
しかし、その多くはメリットだけを全面に謳っており、実質的にはメリットよりもデメリットの方が将来的に生じるなど問題があります。
楽天銀行が提供する、カードローンは実際にどのようなものなのか多くの方が気になる筈です。

 

実際に、おまとめローンの本質は他の銀行および消費者金融とは大きな差がないものの、公式ホームページには契約時および将来的な問題を指摘しています。
特におまとめローンをすることで利息が減らない可能性があることを警告している他、既に過払い金が生じている可能性があることを案内しています。
この点を考えるのであれば、楽天銀行のおまとめローンは消費者が契約検討をする段階で多くの情報を提供しており、非常に良心的な金融サービスとなります。

 

また、金利については最低金利が1.9%と低いものの、実質的には審査結果や融資金額により変動することを予め掲載しています。
さらに、毎月の返済金額を公開していることや全体的にメリットだけを掲げていない点を考慮するとおまとめローンとしてのサービスは非常に高いものとなっています。
特に活用例を掲載することで、カードローンの利用がどのような方に向くのかも理解できるようになっています。

 

楽天銀行のおまとめローン!利用検討者に対する情報が豊富!

まず、利用検討をする際に必要なのは、おまとめローンがどのような契約内容になるかです。
特に必要な情報は金利や融資金額、そして毎月の最低金額となります。
おまとめローンを提供する銀行や消費者金融は、公式ホームページに金利や融資額そして契約申込からご利用までの流れを掲載しています。

 

しかし、意外なことになかなか目的の情報に達することが難しくなっていますが、楽天銀行はインターネット事業によるノウハウを多く有しており、目的にあった情報を提供しています。
特におまとめローンがどのようなものか、そしてどんな注意点があるかまでQ&Aで対応しています。
『おまとめローンで返済が楽になるか』という質問に対し、シミュレーションにより検討を促すことは非常に重要なことです。

 

また、楽天銀行は『総量規制とは何か』そして『おまとめローンが総量規制対象外であること』を明記しています。
さらに、利息制限法についても説明を行うことにより、過払い金返還によりおまとめローン自体の契約が不要になる可能性も指摘しています。

 

複数社からの借入をおまとめローンで一括化を提案するだけでなく、契約前の検討情報が非常に豊富であり、『法律に詳しくない』または『おまとめローンの契約に不安がある』という方には楽天銀行はオススメです。