楽天銀行のおまとめローンには、どのような特徴があるのか?

楽天市場をネットショッピングで利用したことある方は、きっと多いはず!
あの商品ラインアップとザクザク貯まる楽天スーパーポイントはとっても魅惑的!
さて楽天はお買い物だけでなく、カードローンやクレカでも人気なのは皆さんご存知だと思います。
もちろんすでに楽天IDを所持している方への優遇もあり、特に大きいのが会員ランクによる審査の優遇ですね。

 

今回は意外と知られていない楽天銀行カードローンによる、おまとめの審査と特徴についてお話ししたいと思います!

 

まずは楽天銀行カードローンのおまとめ方法と、審査の流れそして必要書類について見てみましょう。

 

楽天銀行カードローンにおまとめ商品はない!?

 

ハイ、楽天銀行スーパーローンにはおまとめ専用の金融商品はありません!
じゃあ楽天銀行でおまとめ出来ないじゃん!と思わせながら、実はおまとめ可能な事実……
楽天銀行に限らず銀行は借金の1本化、つまりおまとめローンの実施に後ろ向き。
消費者金融のように、充実したおまとめ専用商品を用意している銀行は少ないのが現状です。

 

楽天銀行の場合、ブライダル・トラベルなどの目的別ローンがありますが、おまとめとして利用するには通常の楽天スーパーローンを申し込みする必要があります。
つまり楽天銀行スーパーローンの場合、使用目的を問わないカードローンですし、おまとめ、借り換え目的の利用も推奨しています。
その為おまとめと名のつく商品はないけれど、実質おまとめ利用も可能なんです!(ただし事業用資金としては使用出来ません。)

 

楽天銀行カードローン審査の流れと必要書類

 

まずは気になる楽天銀行スーパーローンのスペックについてです。
ネットバンクと言えど、その金利幅は大手銀行並の1.9〜14.5%の低金利!融資限度額も10〜800万までと、小口融資から大型融資まで対応可能。(1000円単位からの借入れが可能です。)
おまとめの場合も金利幅は変わらないので、高くても14.5%で1本化が出来るので消費者金融やクレジットカードのキャッシングから借り換える場合はとてもお得ですね。

 

審査の流れとしては、HPを通しての申込みになります。
他銀行や消費者金融のように窓口、郵送、電話、無人契約機での申込みは出来ません。
HP経由で必要情報を送信、銀行側の審査に通過した場合は電話で連絡が来ます。
その後在籍確認、保証会社による審査の後に、最終的な融資の可否が決まります。
必要書類に関しては、郵送もしくはアプリで提出しましょう。

 

因みに必要書類は、

@本人確認書類……運転免許証、パスポート、健康保険証のいずれかのコピー
A収入証明……給与明細、源泉徴収証、課税証明のいずれかのコピー

 

が必要になります。
ただし個人事業主の場合は確定申告書、課税証明のいずれかが必要です。
銀行によっては収入証明が50〜100万以下の借入れでは必要ないケースもありますが、楽天銀行の場合は必須なので注意しましょう!

 

楽天銀行カードローンで1本化する際に気をつけること

 

楽天銀行スーパーローンでおまとめするには、通常のカードローンを申込むことから始まります。
ネットの申込画面の入力項目に「借換」という欄があるのでチェックを付け、他社ローンの借入状況をキチンと記入しましょう。
それでは1本化するにあたり覚えておきたい注意事項を見てみます。

 

保証会社による審査がある

 

楽天銀行はオンラインバンクなので、銀行側の審査+保証会社の審査を受ける必要があります。
カードローンの為、担保や保証人は必要ありませんが、保証会社で信用情報を照会・審査にパスする必要が出てきます。
楽天銀行の場合、滑y天銀行と潟Zディナの2社による審査が必須ですが、両方の審査に通過する必要はなく、どちらかの審査に通過すれば融資が可能!
つまり保証会社が1社だけの銀行よりも、2倍の確率で審査に通過する可能性があるということを意味します。

 

銀行はおまとめ商品がないし、保証会社の審査もあるから自分には無理なんじゃないか……
と思いがちですが、実際楽天銀行のおまとめは保証会社が複数ある為、審査が有利に働く点は見逃せません!

 

専業主婦・無職の借入れとおまとめが難しいケース

 

楽天銀行スーパーローンは20〜62歳までの定収入がある方は誰でも申込が可能です。
銀行は総量規制の対象外になる為、無収入の専業主婦の方でも50万円まで融資OK!
ただし無職や金融ブラックの方は、審査の通過は不可能です。

 

おまとめはしばし大型融資の枠での借入れになる為、銀行側も審査に慎重になりがちです。
新入社員の方や転職後間もない方は、安定した収入と勤務体勢が保証出来ない為、審査に影響があることは否めません。
その為これらのステータスの方は、楽天銀行でおまとめする前に最低1年以上の在職歴を作ってから審査に望みましょう。

 

また過去に返済の遅延や延滞が合った場合などは(通常3ヶ月以上の延滞で事故情報が記載)、JICC、CIC、全国銀行個人信用情報センターで事故情報として記録されます。このケースは5〜10年間、信用情報センターに記載されてしまうので、楽天銀行を始め消費者金融での借入れは不可能になることも忘れてはなりません。

 

重度の多重債務者でもおまとめ出来るのか?

 

まずは楽天銀行でおまとめ出来ないケースを見てみましょう。

  1. 年齢制限外
  2. 安定した収入を証明出来ない
  3. 信用情報に事故情報ある場合
  4. 事実と反する情報で申込した場合
  5. 無収入もしくは収入源が年金のみの場合

 

楽天銀行スーパーローンの詳細な審査基準は公開されていませんが、簡単にまとめると上記のようなステータスの場合は、おまとめ利用することはほぼ絶望的と言えるでしょう。

 

楽天銀行のおまとめは、他社借入れ先は最高何社まで!?

 

銀行は消費者金融と比べて審査に厳格な印象がありますね。
それは保証会社の審査が必要な点もありますが、銀行の場合は限度額が大きく、金利が低いという設定されている為です。
楽天銀行でおまとめ利用する場合には、通常の楽天銀行スーパーローンを申込みをする必要がありますが、多重債務者にはもちろん厳しい審査傾向が見られます。

 

おまとめを考える位の借入れ状況になると、借入れ先3社、4社が当たり前!
しかし楽天銀行の場合、申し込みフォームに他社借入件数が3件までしか選択できない!

 

3件以上はおまとめできないの?と思いがちですが、4社以上の場合は本人確認の電話の際に詳細を伝えればOKです。

 

ただし、件数が多ければ多いほど審査は厳しくなることは間違いありません。
それでも、申し込みに虚偽を記載するのは絶対NGです。
前述した信用情報の照会で必ずバレますからキチンと入力しましょう。

 

楽天銀行カードローンでおまとめするメリット・デメリット

 

やっぱり楽天銀行でおまとめしたい!そんな方は多いのではないでしょうか?ここでは簡潔に楽天銀行でおまとめする長所と短所について見ていきましょう。

 

メリット

 

銀行ならではの低金利は言うまでもありませんが、楽天銀行が故のサービス“楽天スーパーポイント”のプレゼントが一番のメリット!
入会するだけで1000ポイント貰えるだけでなく、利用残高に応じて500〜30000ポイントプレゼントは見逃せませんね。
30000ポイントGETするには400〜800万の融資が必要ですが、通常のおまとめは大口融資になる傾向高し!
例えば100万円の融資の場合は、10000ポイントが貰える計算になります。

 

また楽天銀行スーパーローンは楽天会員ランクによって、カードローン審査も優遇される為、楽天ユーザーの方は審査面でもプラス評価で審査に望めますよ。

 

デメリット

 

デメリットとして考えられるのは申込みがネット経由のみで、ローンカードの獲得まで時間がかかる点です。
無人契約機がないオンラインバンクが故、特に即日融資を狙う方は要注意!楽天銀行の場合、楽天銀行口座への振込みは24時間対応可。
しかし他社の銀行振込みの場合、最低でも14:30までに審査を完了しないと翌日の振込みになる点は留意しましょう。

 

また特に2社以上の借入れ先がある場合や、100万円以上の融資を希望する場合は、審査も即日とは限りません。
迅速審査を謳っていますが、あくまで銀行の審査は信用情報・収入・借入れ希望額によって審査時間も異なります。
その為大型融資のおまとめ希望の方は、その点を考慮に入れて申し込んでくださいね。
尚楽天銀行スーパーローンをおまとめ目的で利用する際は、楽天側が借入れ先に代わりに入金してくれるシステムは期待出来ません。
自分の足で借入れ先に返済することになるので、決っして使い込まないぞ!という強靭な精神力も必要になってきます。

 

まとめ

 

楽天銀行スーパーローンはおまとめ利用も可能で、しかも楽天スーパーポイントもザクザクGET可能です。
総じて高評価の口コミが多いカードローンですが、重度の多重債務者にとってはおまとめの第一選択にはなりません。
その為信用情報に自信がない、3社以上の借入れ先がある方は、審査落ちも念頭に入れながら消費者金融もしくはおまとめ専用貸金業者など選択肢の幅を広げる必要があるでしょう。

 

アイフルのかりかえMAXとおまとめMAX

  • 金利:12%〜17.5%(かりかえMAX)
  • 金利:12%〜15.0%(おまとめMAX)
  • 限度額:最大500万円
  • 借換え専用だから返済に集中できる
かりかえMAXはアイフルがはじめての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用。 アイフルの利用経験があればよりオトクなおまとめが可能です。

楽天銀行,おまとめローン 楽天銀行のカードローンを利用したおまとめをした場合の特徴と審査

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝えてください。 通常フリーローンスペック

  • 金利:4.5%〜18.0%
  • 限度額:最大500万円

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:最大300万円
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下
  • 借換え専用だから返済に集中できる
消費者金融業界のトップランナーであるアコムはしっかりおまとめ(借換え)専用ローンにも対応しています。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下になり、信頼性も抜群。

楽天銀行,おまとめローン 楽天銀行のカードローンを利用したおまとめをした場合の特徴と審査

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えてください。 通常フリーローンスペック

  • 金利:3.0%〜18.0%
  • 限度額:最大800万円