派遣社員がおまとめ専用ローンを利用できる条件とは

おまとめローン第一の条件は大きな金額を借りられるということです。
複数の借り入れをひとつにまとめ、金利面や返済で有利にしようというのがおまとめローンの目的です。

 

たとえ審査に通っても、わずかな金額の枠しかもらえなければおまとめという目的は果たせません。
そこで気になるのは、派遣でもおまとめローンの審査に通るのか、そして十分な融資枠を設定してもらえるのか、ということです。

 

おまとめ専用ローンは大きな金額を融資するローンです。
借りる側にもそれに見合った金額の安定収入が必要になります。

 

一昔前までは、通常のキャッシングですら正社員限定といったものが珍しくありませんでした。
しかし、現在では、派遣はもちろんフリーターなどにも利用の道は開かれています。

 

ただ、おまとめ専用ローンの場合、職業や雇用形態による制限はなくとも、年収の制限が設けられている可能性があります。
年収200万円未満は利用不可というように、一定以上の年収を満たさないと門前払いされてしまうというものです。

 

年収制限があるおまとめローンは、利用条件のところにそのルールが明確に記載されています。
そういった年収に関する記述がなければ、少なくとも年収を理由に審査の前に門前払いされてしまうことはないでしょう。

 

通常のカードローンでもおまとめローンのような使い方ができる

もし、年収の条件を満たせない派遣の方の場合、おまとめは諦めなければならないのでしょうか。
いいえ、実は別の方法でもおまとめをすることは可能です。

 

それは普通のカードローンを利用する、というものです。
通常のカードローンの金利は限度額が上がるに従って低くなっていきます。

 

特に限度額が100万円を超えるあたりで金利はガクッと下がります。
もし、限度額100万円までのカードから複数の借り入れがあるなら、ひとつのカードに借り入れをまとめるだけでも金利差で有利になります。

 

つまり、おまとめをすることが可能なのです。
ただ、消費者金融やクレジットカードのキャッシング枠には総量規制があります。

 

年収の3分の1までの金額しか借りられないので、現在の残高の金額によってはおまとめがしにくいケースもあるのです。
そんなときは総量規制にかからない銀行のカードローンを利用しましょう。

 

銀行カードローンは金利も低めの傾向にあるのでおまとめにうってつけなのです。
通常のカードローンでおまとめをするなら、まずは銀行カードローンから検討していくとよいでしょう。

 

おまとめ目的での利用を推奨しているカードローンもありますから、そういったカードローンに申し込む時は利用目的の欄に必ずおまとめ目的であることを明記しましょう。
そうすれば審査でもある程度の考慮はしてもらえるようになります。

 

パート契約者がおまとめローンを契約する際に認識しなければならないこととは?

今の日本社会は、女性の社会進出が騒がれているものの、未だに正社員や契約社員よりもパート契約者の方が多いです。
その背景には、やはり子育て世代の時間制約や税金問題も大きく影響しています。

 

そして、パート契約者でもクレジットカードやカードローンを契約することが出来ます。
しかし、クレジットカードとカードローンは似て非なるものであり、クレジットカードの場合でもショッピング枠が50万円まで利用できることがあります。

 

一方、カードローンの場合、利用枠が30万円だったりします。
申込の利用可能枠との差額が非常に大きく、複数のカードローンを契約しようとしても審査不合格となります。

 

実は、クレジットカードの利用枠とカードローンの利用枠は全く異る基準で決められています。
簡単に言えば、クレジットカードの場合、支払不能となった場合は購入した商品を売却することで債権回収を行うことが出来ます。

 

一方、カードローンの場合は、利用者がどんなことに利用するかは不明であり、債権の回収が出来ないことがあります。
ただし、実際には貸金業法に定められる総量制限により、カードローンの金額が決まります。

 

そのため、パートで年収100万円の場合、総量制限により約30万円のローン契約しか出来ません。
また、おまとめローンを契約しても、この総量制限により契約自体が出来ないため、パート契約者が利用するにはハードルが高くなります。

 

おまとめローンは、少しでも家計費を節約したい主婦層かつパート契約者には魅力的ですが、このことを知らなければ審査不合格を繰り返すことになり、徒労に終わります。

 

パートやアルバイトでも申し込めるカードローンを知りたい!

物事の貸し借りには信用が不可欠。
見知らぬ他人に物を貸してと言われても、返してもらえるかどうかわからないのに貸せるわけがありません。それと同じように、お金をきちんと返してもらえるという確証がないと、金融業者はお金を貸してはくれません。

 

そういう原則があるために、収入が不安定になりがちなパートやアルバイトではカードローンの申込みが断られることがままあります。ローンを借りられる条件にもパート等は不可、と書かれているのですぐに判断はできるでしょう。ただ、すべてのカードローンがそうなわけではありません。パートやアルバイトでも申し込めるカードローンはいくつもあります。

 

ただ、正社員から比べると信用が低いため、借り入れ限度額はいくらか制限されます。それでも急にお金が必要になったときに頼りになってくれる存在であることには違いありません。

 

カードローンでは消費者金融系、銀行系と大きくふたつの系統にわけて考えるという方法があります。どちらでアルバイトでも申し込み可能としているところはありますので違いを見比べてどちらの長所を取るか考えて選択しましょう。サービスも多様化しているため一概にはいえませんが、大まかに違いを言うと、消費者金融系のカードローンは迅速性に強いが金利は高い、銀行系のカードローンは金利は低いが時間が数日掛かる場合がある、といったところです。

 

アイフルのかりかえMAXとおまとめMAX

  • 金利:12%〜17.5%(かりかえMAX)
  • 金利:12%〜15.0%(おまとめMAX)
  • 限度額:最大500万円
  • 借換え専用だから返済に集中できる
かりかえMAXはアイフルがはじめての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用。 アイフルの利用経験があればよりオトクなおまとめが可能です。

ローン,まとめる おまとめローンは派遣でも利用できる?正しいおまとめの選び方

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝えてください。 通常フリーローンスペック

  • 金利:4.5%〜18.0%
  • 限度額:最大500万円

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:最大300万円
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下
  • 借換え専用だから返済に集中できる
消費者金融業界のトップランナーであるアコムはしっかりおまとめ(借換え)専用ローンにも対応しています。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下になり、信頼性も抜群。

ローン,まとめる おまとめローンは派遣でも利用できる?正しいおまとめの選び方

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えてください。 通常フリーローンスペック

  • 金利:3.0%〜18.0%
  • 限度額:最大800万円

正社員じゃなくても安心!おまとめローンはアルバイトでも大丈夫

低金利の銀行で借金を一つにまとめたいと思った時、正社員ではなくアルバイトであってもおまとめローンを利用出来るのかという心配があります。
しかし、銀行のおまとめローンの申し込み条件としては安定した収入がある事が原則になっています。
つまり職業や雇用形態ではなく、きちんと収入があるのであればアルバイトであってもおまとめローンに申し込む事が出来るのです。

 

しかし、アルバイトをして収入があれば、必ずおまとめローンを利用出来るのかと言えばそうではありません。
おまとめローンの審査際には、どこの金融業者であっても収入は大きな審査ポイントとなっているからです。
つまり、同じアルバイトであっても収入が高い方が審査の際のプラスポイントとなるという訳ですね。

 

おまとめローンでは、借金を一本化するという事で借入金額が高額になるのが普通です。
しかし、銀行はもともと総量規制法の対象外ですし、消費者金融でも貸金業法に則ったおまとめローンなら総量規制法の対象外となるので、アルバイトの収入でも心配する事はありません。
おまとめローンでアルバイトで得た年収の1/3を超えた金額を借り入れしたいという場合でも、審査に通りさえすれば、おまとめする事が出来ますよ。

 

おまとめローンはどうやって申込みをするのか?

複数の借入をひとつにまとめる「おまとめローン」。
月に一度の返済となることで返済もスムーズになりやすくなるだけでなく、支払総額も減らせる可能性もある、使い方によっては便利な存在です。
ではこのおまとめローンはどうやって申込するのでしょうか。

 

細かくはその方法は各金融業者によって若干異なってきますが、店頭での受付、郵送による手続き、そしてインターネットでの申込、が主な方法です。
近年では利用者が使いやすい「ネット完結」での申込が人気を得ているようです。

 

申込の際には、個人情報や借入内容について詳細に申告します。
個人情報とは住所氏名年齢から家族構成、年収、勤務先の情報、勤続年数、住宅ローンや自動車ローンの返済内容等です。
そしておまとめローンですので、借入希望額や借入状況などのまとめたいローンの内容についてももちろん申告します。

 

そしてこの申込内容に基づいて、業者により審査が行われます。
この中で重要視されることとして、「過去の返済履歴に問題がないか」「年収に対して借入残高が多すぎないか」「現在の勤務先の勤続年数は数年以上か」という点があげられます。

 

いずれも返済が滞りなく行われるか、を判断するのに重要とされるポイントです。
また、逆にいえばこれらを満たさない場合には審査を通過するのは難しくなるということです。

 

そしてめでたく審査を通過したなら無事契約成立となり、業者の指定の方法で振込が行われるというわけです。
既存の借入先への返済はどうなるかというと、申し込んだおまとめローンの業者が代行で返済する場合と、業者からお金をいったん利用者自身が受け取って自分で元の借入先へ返済する場合と両方ありますので、事前に確認しておきましょう。

 

おまとめローンとはどういうものかを知っておこう

おまとめローンを一口でいえば、利用枠の大きなカードローンになるでしょう。
概ね百万円単位の限度額であり、だからこそ、ほかの少額ローンをまとめて返済し、一本化することができます。

 

しかも、長期ローンであるため、金利も低めになっています。
特に、銀行系のおまとめローンであれば、金利が数パーセントの場合もあり、無理なく時間を掛けて返済することができます。

 

しかし、時におまとめローンが債務整理の一つとして、説明されていることがあります。
実際は、それとは大いに異なります。
債務整理は、法的処置の一つであり、法的強制力で契約内容の変更を行うものです。そのため、専門家に依頼することで、スムーズな手続きなどが行えます。

 

一方、おまとめローンは、あくまで金融商品であり、法律で認められた商行為の一つですが、強制的に契約内容の変更などを行いません。
言ってしまえば、新たな借金をすることで、返済負担を減らせる金融商品というものです。

 

今では、たくさんのおまとめローンがあります。
インターネットからも申し込むことでき、その点では利便性が高くなっています。

 

もちろん、パソコンばかりでなく、スマートフォンなどのモバイル端末からでも、申し込みができます。なお、おまとめローンは、一般的に無担保無保証です。
しかし、担保ローンも、借りられるお金が大きいため、実質的におまとめローンとして、利用できることもあります。

 

おまとめローンの審査基準とはどういうものか?

基本的に、ローンばかりでなく、クレジットカードなどにおいても、明確な審査基準は、公表されていません。
中には、年収の基準額などを申し込み基準にしているところもありますが、例外と言っても過言ではないでしょう。
このことから、おまとめローンでも、はっきりとした審査基準は分かりません。
しかも、会社ごとに異なっています。

 

しかし、ネット情報などから、ある程度の基準を読み取ることができるでしょう。
まず、大事なことは、年齢が成人以上60歳未満が一般的で、なおかつ、継続した安定収入があることです。
このことから、派遣社員のような非正規雇用者では無理なように聞こえますが、実際は、派遣社員であっても、おまとめローンが利用できます。
大事なことは、収入が継続し、安定していることです。職種などによっては、正社員以上の手取りとなることもあります。

 

また、収入ばかりでなく、資産もまた、ローンの審査に影響を与えます。
派遣社員であっても、貯金をしていたり、今では個人が有価証券などを購入することが、容易になっています。
コツコツ貯めたお金や有価証券がそれなりのものになっていれば、おまとめローンでも、有利に働く可能性があります。
要するに、雇用形態云々ばかりでなく、全体的な要素で、審査基準が設けられているということです。

 

確かに公務員や会社員であれば、それだけで評価が高くなりますが、絶対的なものとはいえません。
返済能力があると見込めるかどうかであり、あまりにも債務が多ければ、たとえ公務員であっても、おまとめローンを利用できないケースがあることは、言うまでもありません。
ただし、必ず通らないといえるのが、過去に金融事故を起こしている場合です。

 

債務整理が典型的なものですが、金融機関が参照する信用情報機関に、その旨が記載されています。
信用情報機関によって、記録期間が異なりますが、約7年から10年であり、その間に新たなローンなどを組めないことが、広く知られています。
いずれにせよ、派遣社員のような非正規雇用であっても、おまとめローンを利用できるようになっています。