三井住友銀行でおまとめローンは申し込めるの?

複数の業者から借入を行うと、業者それぞれによって金利や返済日が違ってくるので、返済計画が立てにくくなりがちです。
目先の返済に追われていくうちに、気づけばいくら・どこへ・いつまでに返済すれば良いのかがまったく分からなくなり、返済が滞ってしまう方も少なくありません。

 

そういった方に向けて、借金をひとつにまとめてもう一度新しく返済計画を始めていくために「おまとめローン」が存在しています。
複数の借入をひとつにまとめられるこのローンだと、バラバラに支払っていくよりもスムーズに、そして的確に借金を減らしていける可能性が高くなります。

 

今ではこのおまとめローンやおまとめローンとしても使えるカードローンを売り出している銀行も多くなり、選択に悩むほどです。

 

銀行でも多くの銀行が対応するようになっていますが、メガバンク最大手である三井住友銀行でも、おまとめローンを申し込めます。

 

おまとめローンとして使えるのは使途目的自由の三井住友銀行カードローンです。
口座開設が不要なので、近くに店舗があるけれど口座がないからと躊躇されている方でも安心です。

 

おまとめローンにするなら低金利の銀行カードローンがおすすめですが、三井住友銀行はその中でも優秀なサービスを行っています。
まとめた際の総返済額やスケジュールをシミュレーションしながら検討してみて、申込みを行うか考えていきましょう。

おまとめローンにも使える三井住友銀行カードローン

CMでもお馴染みの三井住友銀行カードローンは金利や審査スピードなどが早いことが特徴です。

 

しかも、三井住友銀行の口座がなくても申し込みが可能なので、誰でも利用することができます。

 

年利 4.0%〜14.5% 極度限度額 800万円
審査時間 - 即日融資 -
担保・保証人 不要 返済方法 残高スライド方式

 

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンは銀行ならではの低金利ということはもちろんのこと、下記のような特徴があります。

  • 24時間365日申込・借入可能
  • 誰にも知られずにお金が借りられる
  • おまとめ利用が可能
24時間365日申込が可能

三井住友銀行カードローンは同行に口座を持っていなくてもWEBから24時間365日申し込みが可能です。

 

審査結果は9:00〜21:00まで(申込時間帯により、連絡が翌日以降になる場合があります)。

 

また、三井住友銀行の口座がなくても、契約完了後にローン専用カードが発行されるので、こちらで借入・返済が行えます。

バレずにお金が借りられる

カードローンの利用で一番気になるのが家族や会社に知られてしまうことですよね。

 

三井住友銀行カードローンなら、無人のローン契約機があるので、誰にもばれずにローンカードの受取から借り入れまでが可能です。

家族や会社にバレずに申し込みから借り入れまでをする手順

1.まずは三井住友銀行カードローンをWEB申し込みする。事前にWEBで申し込みを完了しておくと、無人契約機での手続きがスムーズになります。

 

※申し込み時に「お申込みについて」の項目に「ローン専用カードのお受取方法」があるので、ここに忘れずに選択してください。

 

2.申し込みが完了したら、三井住友銀行のローン契約機(ACM)に行って契約を完了すれば、その場でローンカードの受取、借り入れが可能です。

 

ローン契約機(※ローン契約機検索)の営業時間は9:00〜21:00という点だけ注意が必要ですが、土日祝日(1月1日除く)も受取可能なので、急遽お金が必要になった時でも助かります。

 

※ローン契約機に行く前に本人確認書類(運転免許証、パスポート、各種健康保険証、住民基本台帳カードのいずれか(顔写真付き))を忘れずに持っているかを確認しましょう。
※顔写真付き出ない書類(健康保険証や年金手帳など)を提出する場合は、追加の本人確認書類(住民票の写し、現住所が確認できる公共料金の領収書)が必要になります。

 

また、現在の収入が確認できる書類(発行日が3ヵ月以内の給与明細、源泉徴収票、税額通知書・納税証明書・所得証明書、確定申告書のいずれか)が必要になるので、こちらも忘れずに持っていきましょう。

おまとめ利用も可能

三井住友銀行カードローンは事業性資金を除けば用途は自由なので、おまとめローンとしても利用が可能です。

 

「ご利用目的」に「借入返済資金」があるので、ここを選択するのが最適です。

 

ただし、おまとめローンとして使う場合は、三井住友銀行カードローンで借りたお金で自分自身で返済する必要があるので、くれぐれも借り入れしたお金を別のことに使ってしまわないようにしましょう(別のことに使ってしまうと借金が膨れ上がってしまいます)。

 


三井住友銀行の口座がある場合

三井住友銀行に口座があり、SMBCダイレクトに申し込んでいる方が三井住友銀行カードローンを利用する場合は、必ずSMBCダイレクトにログインした状態で申し込みを行いましょう。

 

手順としては、

1.インターネットバンキング SMBCダイレクトログイン
2.三井住友銀行カードローンの申込ページから申し込み

になります。

 

ログインせずに契約を行った場合、現在使っているキャッシュカードとは別にローン専用カードが発行されてしまいます。後日、統合は可能ですが、非常に手間です。

 

また、別途ローンカードが発行されるということは、キャッシュカードがあるのにわざわざローン契約機にローンカードを受け取りに行かなければならない、もしくは郵送されてくるのを待たないと借り入れができないといったデメリットもあります。

 

ログインして申し込みをした場合は銀行のキャッシュカードがカードローンのローンカード兼用となるので1枚で済みますし、タイムラグがなくローンカードの機能が付与されるので、即日キャッシング利用が可能になります。

 

借入利率

三井住友銀行カードローンは契約極度額に応じて借入利率を設定します。

契約極度額 借入利率
100万円以下 年12.0%〜14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%〜12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%〜10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%〜8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%〜7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%〜6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%〜5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%〜4.5%

約定返済金額

三井住友銀行カードローンは残高スライド方式による返済となります。

 

毎月の返済額は約定返済時の借入残高に応じて下記の通りとなります。

 

約定返済時の借入残高 約定返済金額
2千円未満の場合 約定返済時における借入残高全額(ただし、2千円を上限とします。)
2千円以上50万円以下 10万円以下の場合2,000円、以後、当座貸越元金額が10万円増すごとに2,000円を追加
50万円超300万円以下 60万円以下の場合11,000円、以後、当座貸越元金額が10万円増すごとに1,000円を追加
300万円超500万円以下 350万円以下の場合40,000円、以後、当座貸越元金額が50万円増すごとに5,000円を追加
500万円超800万円以下 600万円以下の場合60,000円、以後、当座貸越元金額が100万円増すごとに5,000円を追加

 

アイフルのかりかえMAXとおまとめMAX

  • 金利:12%〜17.5%(かりかえMAX)
  • 金利:12%〜15.0%(おまとめMAX)
  • 限度額:最大500万円
  • 借換え専用だから返済に集中できる
かりかえMAXはアイフルがはじめての方、おまとめMAXはすでにアイフルを利用したことがある方専用。 アイフルの利用経験があればよりオトクなおまとめが可能です。

三井住友銀行,おまとめローン おまとめローンにも使える三井住友銀行カードローン

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『おまとめローン希望』と必ず伝えてください。 通常フリーローンスペック

  • 金利:4.5%〜18.0%
  • 限度額:最大500万円

アコムの借換え専用ローン

  • 金利:7.7%〜18.0%
  • 限度額:最大300万円
  • 三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下
  • 借換え専用だから返済に集中できる
消費者金融業界のトップランナーであるアコムはしっかりおまとめ(借換え)専用ローンにも対応しています。三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下になり、信頼性も抜群。

三井住友銀行,おまとめローン おまとめローンにも使える三井住友銀行カードローン

※リンク先はフリーキャッシングの申込ページです。申込み後の電話にて『借り換え専用ローン希望』と必ず伝えてください。 通常フリーローンスペック

  • 金利:3.0%〜18.0%
  • 限度額:最大800万円

上手に活用すればおまとめローンはオススメの借金解決法

あなたは借金の返済額が月に3、4行印字されている預金通帳を見たらどう思いますか?借入先への引き落とし日が違っていたら、そのつど口座に入金して返済が滞らないように神経を遣わなければなりません。返済遅滞=金融事故=信用情報機関に登録だけは避けたいですね。

 

そこで借金の返済額が月に1行しか印字しない預金通帳、借入先への引き落としに対する管理を楽にする方法はおまとめローンです。複数の借入先を1本化するシステムであり、単に管理を楽にするだけではなく、交渉しだいで返済期間を延ばすことができます。いいかえれば、月々の返済額を減らすことができるのです。これで生活費に余裕が生まれます。

 

さて、おまとめローンに切り替えるのにもタイミングがあります。考え方はさまざまでしょうが、オススメなのは精神的に辛くなったら早めに手を打つことです。借入先が5件以上だと手遅れの可能性があります。おまとめローンは借入金額が大きいので審査が厳しくなる傾向であるからです。たとえば、3社からの借り入れ、2社からの借り入れで融資枠が上限に達したら、迷わず行動に移すほうがベターです。

 

おまとめローンの上手な解決方法は精神安定の作用を働かせるかどうかに尽きます。そのためにも早い決断が大切です。